黒クマを消す美容液が超スゴイ!もうコンシーラーはいらない

MENU

 

黒クマの正体

 

クマには黒クマ、茶クマ、青クマの3種類があります。

 

黒クマを消す美容液が超スゴイ!もうコンシーラーはいらない

 

茶クマの原因は色素沈着、青クマは血管が透けて見える状態です。それじゃ黒クマはどうでしょうか?

 

鏡を目よりも下に持ってきて見て下さい。

 

クマが消えませんか?

 

実は、黒クマは色素沈着ではなく、「影」なのです。

 

加齢や目の使いすぎなどで目の下の皮膚が痩せてしまったために、ハリを失った皮膚がたるみ、目の下にくぼみができてしまいます。そのくぼみ部分が影になって黒く見えるのが黒クマです。

 

ですから、下から鏡に写したり、皮膚を少し引っ張って見ると消えるのが特徴です。そのため、黒クマを「影クマ」と表現することもあります。

 

黒クマを消す美容液が超スゴイ!もうコンシーラーはいらない
▲皮膚やせが原因の影=黒クマ▲

 

影ですから、コンシーラーを塗っても消すことができません。メイクで隠せないので、黒クマはクマじゃないと言われることもあります。

 

でも、それじゃなんの解決にもなりませんよね?だって、黒クマを消したい!目元を明るくしたい!望んでいるのはただそれだけ・・・ですよね?

 

黒クマは皮膚が痩せてハリを失ってしまったためにできる影ですから、美容整形を受ける以外に改善する方法はないとされて来ました。でも、美容整形までは・・・と悩んでしまいますね?

 

お任せ下さい!アイキララは、そんな皮膚やせにアプローチして、黒クマさえも改善するように作られています。

 

皮膚やせってなに?

 

皮膚がやせるってどういうことだと思いますか?

 

それは、皮膚内部のコラーゲンが失われ、皮膚がハリを失ってしまった状態を言います。

 

黒クマを消す美容液が超スゴイ!もうコンシーラーはいらない

 

年齢と共にコラーゲンが失われ、それにともなって皮膚内部の栄養も流れだしてしまいます。そして、皮膚やせが起きるのです。

 

元々、目の下の皮膚はとても薄くて、わずか0.5mmしかありません。通常の皮膚の厚みが約2mmですから、どれほど薄いかが分かりますね?

 

それでなくても薄い目の下の皮膚に、さらに皮膚やせが起きると皮膚の下にある血管が透けて見えたり、くぼんだり、たるんでしまったりするのです。これがクマの正体です。さらに色素沈着が起きれば茶クマが出現します。

 

黒クマは皮膚やせが原因で起きるものですから、たとえ、皮膚に色素沈着が起きていなくても、青クマや茶クマと同じケアをすることで改善します。

 

アイキララが黒クマに有効に働く理由

 

アイキララに配合されているMGAという成分は、新型ビタミンC誘導体のことです。

 

ビタミンCはそのままでは非常に不安定で、化粧品に配合するのはとてもむずかしい成分です。ですから、多くの化粧品には肌内部に入ってからビタミンCに変化するビタミンC誘導体が使われています。

 

ビタミンC誘導体は、美白効果もありますが、肌内部でコラーゲンの生成を促す作用があります。

 

黒クマを消す美容液が超スゴイ!もうコンシーラーはいらない

 

アイキララに配合されているMGAは、ビタミンC誘導体が本来持っているコラーゲンの生成を促す働きに加えて、ハイドロキノンにも匹敵するほどの美白効果を持った新しいビタミンC誘導体です。

 

ですから、コラーゲンが減少した目の下の皮膚に直接つけることで、皮膚のコラーゲン量が増えますから、それにともなって皮膚の水分量も増え、皮膚そのものが健康でふっくらとしてきます。たるみ毛穴も改善され、丸い毛穴が復活しますので、皮膚のたるみそのものが解消されます。

 

さらに美白効果がありますので、健康的に輝く目元を実現するのです。

 

黒クマを消す美容液が超スゴイ!もうコンシーラーはいらない

 

アイキララは、15日以内に効果を実感できなければ、全額返金してもらうことができます。

 

つまり、黒クマを15日以内に実感できるほど目立たなくすると約束された商品なのです。

 

たった15日間で黒クマを消すアイキララ

 

黒クマを予防する方法

 

アイキララを使って黒クマを消しても、すぐに戻って来ちゃったら嫌ですね?そしたらまたクマを消す努力をしなければならなくなります。

 

それでは、一旦消した再びできないようにするにはどうしたら良いでしょうか?

 

眼輪筋を鍛えて目元のハリを維持する

 

眼球を支える菌にtクを眼輪筋といいます。薄い筋肉ですが、この筋肉がまぶたの開閉・・・まばたきを助けているのです。ですから、眼輪筋を鍛えておけば、たるみをかなりの割合で予防することができます。

 

それでは、眼輪筋の鍛え方を書きますね。鏡を見ながら行って下さいネ。

 

下まぶたを指の先で軽く添えたまま、目を閉じて下さい。そのときに、下まぶたが動かないようでしたら、眼輪筋の下まぶた部分が弱っている可能性が高いです。

 

その場合は、抑えた指先でそっと持ち上げるようにして下さい。こうすることで、下まぶたの筋肉が目覚めます。

 

本来は、目を閉じたり開いたりするときには上まぶたと一緒に下まぶたも動くはずなのに、上まぶただけでまばたきしている人はとても多いのです。

 

このまばたきは、下まぶたの筋肉が衰えるだけでなくて、目を完全に閉じないのでドライアイの原因にもなりかねません。

 

ときどき、鏡を見ながらゆっくりとまばたきして、ちゃんと上下のまぶたが動いているかどうかをチェックして下さいネ。

 

クレンジングや洗顔時にこすらないように注意する

 

こすり過ぎでできるのは色素沈着・・・茶クマだけだと思っているかもしれませんが、黒クマもクレンジングの影響を受けます。

 

それは、目の下の皮膚は薄いので刺激を受けやすいからなんです。

 

こすることで角質層に乱れが生じると、肌のバリア機能が弱まって、肌内部の水分は蒸発しやすくなります。この状態が乾燥肌です。

 

肌内部が乾燥すると、多くの水分を保持していたコラーゲン繊維がダメージを受けます。

 

そのために、皮膚痩せが進行してしまうのです。

 

ですから、クレンジングや洗顔、スキンケアなどのときになるべくこすらないように注意して下さい。意外にこすりがちなのはメイクをする時かもしれません。アイラインを引くときにも充分に注意して、目の下を力を入れて押さえないようにして下さいネ。

 

アイキララを使い続ける

 

アイキララは薬ではないし、クマも病気ではないので、消したからもう終わりというわけには行きません。

 

いくら眼輪筋を鍛えていても、皮膚痩せを食い止めることはできませんから、実感できたアイクリームはその後も使い続けることをお勧めします。